フリーダイヤル: 0120 66 1742

そうだったのか!中古トラック学べるニュース Vol.06

トラック買取ねっとは無駄なコストを削減し、お客様のトラックを高価買取りする仕組みづくりをしています。これら中古トラックに関するノウハウに関して情報を定期的に配信しています。


噂聞いたんだけど、冷凍車の相場は上がってますか?

2017.05.08

はい。上がってます。シグマは輸出屋とのイメージが多いお客様も多いですが実は国内販売も最近は数多くやらせて頂いております。数にして月間で40台は国内の小売を最近ではさせて頂いております。その中でも需要が多い車両が冷凍車です。
お客様と話をしていると、新車の価格が高く、納期1年以上との声が聞こえます。その中で仕事の都合上、中古車で間に合わせる方が多いのが理由です。やはり上物を作るのにどうしても時間がかかってしまい待てないお客様が多いです。また、新車の値段が決してお値打ちではないため中古で回すお客様が多いのも事実です。

そんな中、とくに大型の冷凍車などは納期が1年半などかかる物もあり、その影響で中古車の相場が上がってます。
んんっ???どこかで聞いた事がありますね。そうです、数年間前の大型のダンプバブルです。ダンプほどではないにせよ、納期の遅れから特に大型の冷凍車で5年未満の車両は大きな金額が付きます。これは高床、低床問わず高額で取引されております。ざっくりですが、5年落ち以内、50万キロ以内、低温使用で箱や冷凍機などの仕様がそろえば通常時より売却額が100万UPする事は多々あります。売りやすい、売りにくいはありますが納期遅れが解消されるまでの間ではありますので保有車両とのバランスを見ながら担当営業まで金額だけでもヒアリングしても良いかもしれません。

この時期に不要な車両を売却するメリットは十分にあるかと思います。ぜひシグマ本社または担当までご一報ください。お待ちしております。

人気冷凍車:低温使用、サブエンジン式、箱:矢野 冷凍機:菱重

その他要望車:高年式 ウイング(高床、低床ともに)PG付尚プラス!
低床平ボディ、海コンシャーシ、ウイングトレーラー(低年式可)

参考:中古車市場の動向 高年式、高値で推移(物流ウィークリ記事ピックアップ)

関連サイト