フリーダイヤル: 0120 66 1742

そうだったのか!中古トラック学べるニュース Vol.02

トラック買取ねっとは無駄なコストを削減し、お客様のトラックを高価買取りする仕組みづくりをしています。これら中古トラックに関するノウハウに関して情報を定期的に配信しています。


フィリピン出張報告

2010.09.26

東日本地震から6カ月が経ちました。輸出業におきましては貿易車の放射能検査が始まるなど色々と影響がでておりますが、今回は当社スタッフのフィリピンへの出張報告から一部抜粋しましてお送りさせて頂きます。

以下フィリピン出張報告より:
現地のお客様との打ち合わせの中で、現在フィリピンマーケットの中古車の在庫回転率がとても悪くなっているとの話がありました。いかがポイントです。
・円高による日本車の価格高騰(地震の影響もある)
・今年度の国家予算が2度先延ばしになっているため、インフラに充てる金額がわからないという理由で、現地のバイヤーの買いが遅くなっている。もしくは買う値段があがらない。
・中国新車のフィリピンマーケットへの進出中国製に関しては今までは安かろう、悪かろうでしたが最近は価格、保証、ファイナンス等が充実してきており扱い台数も増えて来ているようです。
例えば、下記の中国製40ft 3軸トレーラの新車は フィリピン着の値段で$13,000 日本円で約101万円位だそうです。日本の価格のとは比べ物になりません・・・・。輸出業に円高の影響は大きくその余波は当社のお客様にも多く出ております。政府にたいして早期な対策と実行を願う所です。


イギリスの現況

2011.11.30

極度の円高により輸出国日本の状況が変わっております。今まではお客様から買ったトラックや建機を東南アジア中心に販売、輸出しておりましたが最近では乗用車をアメリカなどから輸入して日本国内で販売する業者もいるようです。
又、ベンツやボルボなどのトラックはヨーロッパに多数あるので、アジアのお客様は仕入元として日本のベンツトラックとイギリスのベンツトラックを比較します。アジアのお客様はみなさん自国の通貨は使わずにアメリカドルで商売します。円高で、どれだけ負担が増えているかは以下が例になります。

※約2年前と今とでの価格の推移※
「2010年01月:1ドル90円 100万円の車は約11,111ドル」
「2011年11月:1ドル77円 100万円の車は約12,987ドル」
(同じ価格の車が約2年で1876ドル高くなるって…)

お客さんは日本のトラックを買う場合為替変動によって1,876ドルの負担増です。これは平均的なア
ジアの6人分の給与です。ちなみにポンドは対ドルに対して少々の変動しかありません。アジアの方からするとイギリスのトラック価格はそのままで日本のトラック価格がどんどん上がっている感覚になっているのです。そりゃ、当然ながら高くなったら今まで通りには買いませんよね。
月で100台以上輸入するアジアの当社顧客は価格に比例した負担増です。しかしながら日本的なキメの細かさやメンテナンスの良さで多少の違いならば日本の車輌が良いと言ってくれる方が多いのも確かです。これを差別化として売り込んでいきたいと思っております。


近年の新車販売台数ってどれくらいなの??

2012.02.23

新車登録台数に関して
4大メーカー(日野、いすゞ、三菱ふそう、UDトラックス)の新車販売台数は、年間で約11万台あった6年前に比べ、販売台数も年を追うごとに減少をしています。
リーマンショックの時期から台数は上昇していますが2011年度の販売台数は53,116台に留まっています。
4台メーカー別の過去6年間の新車販売台数はこちら

一方でトラックの輸出台数に関しては、軽トラックから大型トラックまで含まれる数字しか把握できていないので正確な比較はできませんが、2010年で156,834台、2011年1〜10月まで125,061台となってます。
但し、車をばらしてコンテナ詰めして輸出される分は、トラックの輸出台数にカウントされてません。よって単純な比較は難しいですが、新車登録よりも廃車台数の方が多いのは事実です。
国内の廃車車輌が減っていますが、海外の需要は減るどころか増えていますので廃車車輌の価格UPに繋がっていますので悪い部分ばかりでは無いと思っています。


三菱の4軸を前回の2倍で買ってくれたけどなんで?

2012.04.19

今、H8〜のUD,FUSO,日野の4軸低床の買取価格が高騰しております。この現象に大きく影響している国があります。影響と言うかこの国の影響のみです。その国は「ミャンマー」です。
ミャンマーは輸入を政府が規制しており、必要に応じて特定の会社に一定の数の輸入許可を出します。その間は日本国内の該当車輌価格が暴騰する事があります。今はまさに空腹な時に食事を与えられた状態です。特に状態が良いものは価格があがっております。
又、欧州の一部制裁解除やアメリカの制裁解除を睨んで、日本、韓国、ヨーロッパの企業が現地に押寄せているようです。弊社のパートナーのところにも連日のようにヨーロッパのメーカーやら、日本のK重工、M重工、M商事、M物産などの企業がどんどん来るようになったと話してました。特にこのところ苦戦が続く日本企業には是非とも活躍して欲しいと願っております。
マーケット市況、動向などは各営業にいつでも御連絡ください。お客様の大事な資産の売却のベストタイミンングをお手伝いさせて頂きます。
国内ディラーさんなどは海外市況を考慮せず国内販売価格をベースに値付けする場合があります。その場合お客様の車輌を正当に評価できない場合もありますご相談ください。
海外のエリア別のマーケット情報等を公開しています。ちょっとディープな内容になっておりますが・・・
輸出トラック天気予報!平成24年4月号


4軸低床のHINO、ISUZUの値動きに関して(ミャンマー)

2012.07.19

前回のニュースにてH8〜のUD,FUSO,日野の4軸低床の買取価格が高騰しているとお伝えしましたが、その後UD,FUSOの数が足りなくなりHINO、ISUZUの4軸低床にまで価格の高騰が出始めました。
ところが、その価格高騰も一服感が出ているのが現状です。特にISUZUに関しては以前通りの相場に戻ってしまいました。理由はUD,FUSOの数が無いので買っていたけど結果としてHINO,ISUZUの部品の調達、修理が現地にて、できないので無理があった様です。
並行輸入車を買って壊れた時に部品が本国取り寄せで2カ月かかるしかもビックリするほど高い。なんて話を耳にした事があると思いますがそれがミャンマーにて一時的に発生した事です。
HINO、ISUZUも良い車なのですが現地にてすぐに部品を用意できないとさすがに働く車ですから、色々と難しくなってきます。アジアの後進国に関してはまだまだルールが完全に整備されておらず現地の動向がそのまま価格高騰に繋がる部分があります。

関連サイト